ジャケットタンク&チラーの製品紹介|チラー(冷却水循環装置)のことなら株式会社AMU冷熱

埼玉県草加市青柳7-24-1 会社概要 業務案内
048-950-8446 お問い合わせフォーム
ジャケットタンク&チラー

ジャケットタンク、撹拌機、チラーの選定および 性能保証をワンストップサービスしております。

AMU冷熱がワンストップサービスで解決します!
製品型式 JA-700 JA-1500 JA-4500 JA-7000 JA-12000 ジャケットタンク温度制御専用チラー
温度制御範囲 10℃~80℃
冷却/過熱能力 700/530W 1,500W 4,500W 7,000W 12,000W
温度制御幅 ±0.03℃
※水冷式、セパレート式等上記一覧にない製品も制作可能です。お問合わせください。 ※温度制御幅も-30℃~120℃まで対応可能です。お問合わせください。

ジャケットタンク

タンク容量 5L 10L 20L 30L 39L 40L 50L 100L ジャケットタンク
材質 SUS304
使用圧力 0.49MPa以下 0.2MPa以下
蓋着脱方式 フェルールクランプ式
シール方式 オーリングシール式(標準NBR)
※形状や価格はお問合わせください。 ※100L以上のタンクも選定可能です。 ※タンクの形状、その他に関してはお問合わせください。

チラー及びジャケットタンク選定表

タンク容量 チラー型式 昇温時間(H) 降温時間(H)
5L JA-700 35℃ 42℃
10L JA-700 22℃ 26℃
JA-1500 60℃ 60℃
20L JA-1500 38℃ 38℃
30L JA-4500 74℃ 74℃
39L JA-4500 60℃ 60℃
40L JA-4500 59℃ 59℃
50L JA-4500 49℃ 49℃
JA-7000 67℃ 67℃
100L JA-7000 39℃ 39℃
JA-12000 62℃ 62℃
※いずれもジャケットタンクに50mmの保温をした場合です。 ※保温がない場合の昇温、降温時間はお問合わせください。 ※100L以上のタンク用チラーも選定可能です。

高効率ジャケットタンクとジャケットタンク専用チラーについて

特徴① 温度の上げ下げを行う際

タンク内液の成分のダメージを防ぐ

特徴② タンク内液温をオーバーシュートやアンダーシュートをなく±0.1℃程度に精密コントロールが出来る

0.1℃づつの温度可変に確実に対応出来ます。

特徴③ チラーにタンクがないので温度の可変速度がタンク付きのチラーの2倍以上速い

これによりチラーのスペックを小型に出来る。(省エネ)

お客様の声

  • ある食品メーカー様にて液中のある成分が急激な温度変化で固形変化してしまう事を弊社製品で起こらなくする事が出来た。
  • 特徴①②③が出来るため、搬入後すぐ50℃への昇温が必要な液体を加熱タンク→ジャケットに移して保温 ↓ ジャケットタンクで直接加温←異物混入リスクの削減
このページのトップに戻る
  • tel:048-950-8446
  • メールでのお問い合わせ
© 2016 株式会社AMU冷熱 All Rights Reserved.