水冷チラーの仕組み

埼玉県草加市青柳7-24-1 会社概要 アクセスマップ
048-950-8446 お問い合わせフォーム

ブログBlog

水冷チラーの仕組み


工業・産業にはさまざまな装置が使用されています。その装置が円滑に動くよう、適温を維持するためにはチラーが欠かせません。チラーには大きく分けると水冷式と空冷式の2タイプがありますが、水冷式のチラーはどのような仕組みになっているのでしょうか?水冷式チラーについて、その仕組みや原理を解説していきます。水冷式チラーについて知り、チラーを適切に活用できるようになっておきましょう。

水冷式チラーとは?

まず「チラー」というのは、特定の機械、装置を冷やすためのものです。大きく水冷式と空冷式の2つのタイプに分けることができ、今回焦点を当てるのは水冷式のチラーとなります。水冷式という言葉が使われているように、水の力を利用して冷やすことになります。

そもそもチラーの内部には水をはじめとした、機械や装置を冷やすための冷却液が使われています。その冷却液によって対象の機械を冷やすわけですが、冷却液を水の力で冷やすのが水冷式チラーというわけです。冷却液を空気で冷やすタイプのチラーは空冷式チラー呼ばれています。どちらも冷却液を冷やし温度調節ができるという点では同じですが、冷却するための仕組みや原理が違います。「水冷式は水の力で冷やす」これが大きなポイントとなります。

水冷式チラーの仕組み

水冷式チラーの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

水冷式チラーの内部には、冷却を行うために必要な冷却水が流れています。冷却水は外部から水を取り込み、この水が冷却に使われる仕組みです。また冷却に必要な水とは別に、チラーには循環液と呼ばれる、チラー内部を循環する液体も流れています。こちらは水とは限らず、水以外の液体が使われることもあります。装置を直接冷やすのはこの循環液で、循環液が熱を奪うことで装置を冷やしています。ただ、一度熱を奪った循環液は温度が上昇してしまいます。そこで外部から取り込んだ水を使って、循環液の冷却を行い、循環させることで再度利用可能にしている形です。

こうして継続的に装置を冷やすことが可能になり、装置の温度を一定に保つことができます。循環液はチラー内部をぐるぐると回っていて、冷却用の水で冷やされ、その後に装置を冷やして、ポンプを通ってまた冷却用の水で冷やされます。これを繰り返すのが水冷式チラーの仕組みというわけです。

水冷式チラーの場合、チラー内部を循環する循環液と、循環液を冷やすための水という、2つの液体が使われています。それぞれの違いや役割を正しく理解することも大切でしょう。混同してしまいがちなので注意が必要です。

また、外部から水を取り込む必要があるため、水冷式チラー設置に至っては配管工事も必要になります。配管を通すためのスペースが必要だったり、工事の手間がかかったりしますので、この点も抑えておきましょう。場合によっては水冷式ではなく、空冷式を設置した方が良いケースもあります。

水冷式チラーの原理について

水冷式チラーの原理は非常に単純です。

対象となる装置を冷やすために、温度の低い循環液を使うことになるのですが、一度使用した循環液は温度が上昇してしまい、そのままでは再度冷やすことができません。そこで外部から水を取り込み、この水を使って循環液を冷やすわけです。

こうして循環液を水で冷やし続けることで、何度も装置を冷却することが可能になり、継続的に効果を発揮してくれます。水を取り込むためには配管工事が必要で、配管を通して水がチラー内部に入っていき、循環液を冷やしてくれます。循環液はチラー内部をぐるぐると回っており、水で冷やされることで新しい循環液を加えなくても、一定の循環液さえあれば冷やし続けることが可能です。水で液体を冷やし、その液体が装置を冷やす、これをずっと行うのが水冷式チラーだと考えれば良いでしょう。

空冷式の場合、水ではなく空気を使って冷やしますので、配管工事は不要です。この点だけを見れば空冷式の方が便利にも思えますが、水冷式は空冷式よりも冷却効率が良いという特徴を持っています。

また、空冷式の場合はファンを利用するため音が大きく、さらに排気や排熱を行う必要があり、室内温度が上昇してしまいます。水冷式にはこうした問題はなく、効率よく静かに、室内環境にも変化を与えず利用できます。こうした点が水冷式の大きなメリットでもあります。水冷式と空冷式でも違いがありますので、原理を理解したうえでどちらのタイプを利用するかを決めることも大切なポイントです。

まとめ

水冷式チラーは水の力を利用することで、対象となる装置を冷却できます。循環液を水で冷やすことで冷却を可能にしており、そのために水冷式と呼ばれます。水を取り込むために配管工事が必要になるものの、冷却効率が良いという利点があり、排気や放熱もありません。クリーンで高性能なチラーと言えるでしょう。

チラーを導入する場合は、まずは水冷式と空冷式のどちらのタイプを選ぶのかを考える必要があります。スムーズに導入するためにも、水冷式チラーとはどういったものなのかを正しく理解し、どういったメリットがあるのかを知ることが大切です。

このページのトップに戻る
© 2016 株式会社AMU冷熱 All Rights Reserved.