チラーを選定する際のポイントとは?

埼玉県草加市青柳7-24-1 会社概要 アクセスマップ
048-950-8446 お問い合わせフォーム

ブログBlog

チラーを選定する際のポイントとは?


チラーを導入する際には、いかに状況に適応したチラーを使うのか、その選定が重要になります。そのため、チラーを選定する際のポイントについて知っておくことが大切です。今回はチラーについて、チラーの種類などを紹介しながら、選定のポイントについて解説します。正しく選定し、チラーを最大限活用できるようになりましょう。

チラーとはいったい何か?

チラーというのは、対象となる装置を冷却するためのものです。一部の装置は使用することで熱が発生し、装置そのものの温度が上昇することがあります。この温度上昇を冷却することで抑え、温度を一定に保ってくれるのがチラーという機械です。

冷却には循環液、冷却液と呼ばれる液体が使われていて、ごく普通の水をはじめ、精製水や脱イオン水、蒸留水などが使われます。こうした液体がチラー内部を循環することで、対象となる装置を冷却している形です。冷却に使われる液体が循環しているのがポイントで、チラー内部を循環することで大量の液体は不要です。一定量の液体さえあれば、その液体が循環することで何度も装置を冷やしてくれ、長時間使用可能となります。

液体が装置の熱を奪う形ですが、熱を奪うのに使われた液体は温度が上昇してしまいます。そのままでは再度冷却に使うことができませんので、また冷やす必要が出てきます。そこでチラーは循環液を冷やすための力も持っています。水や空気の力を使って循環液をまた冷やし、繰り返し使用できるようにしているのです。

こうすることで循環液が何度でも装置を冷やすことが可能になります。チラー内部をぐるぐると循環液が周り、装置を冷やしつつ、自分自身も冷やされていきます。これがチラーと呼ばれる機械の仕組みです。

水冷式と空冷式に分かれる

チラーは大きく分けて水冷式と空冷式の2つのタイプに分かれています。さらに水冷式・空冷式それぞれにさまざまな商品があり、細かく分かれているようなイメージです。チラーの選定にあたっては、水冷式と空冷式のどちらを使うかも重要になりますので、それぞれの違いを正しく理解しておきましょう。

まず大前提として、どちらのタイプも循環液を冷却し、その循環液を使って装置を冷やす、温度調節するという点では同じです。どちらもチラーですから、種類が違っても基本的な仕組みや原理は同じなのです。では何が違うのか?やはり循環液を冷却する方法が違います。

水冷式の場合、配管を通して供給された水を使って冷却を行います。チラー内部に外部から取り込んだ水を入れることで、循環液を冷やしていきます。

一方で空冷式は、空気の力を利用します。チラーにファンを設置し、ファンが外部から空気を取り込み、空気で循環液を冷やす形です。

つまり循環液をどうやって冷やすかが違いというわけです。循環液が冷えるのであれば、どちらでも結果的には一緒と思えるかもしれませんが、水冷式と空冷式にはそれぞれメリットやデメリットがあります。

水冷式チラーの場合、水を使うため冷却効率は高く、効率的に装置の冷却が可能です。ですが水を供給するために配管工事が必要になるため、設置に手間がかかります。

空冷式は配管工事は不要ですが、排気や排熱が行われるため、室内温度が上昇してしまうことがあり、冷却効率も水冷式に劣ります。こうしたメリットとデメリットも踏まえ、どちらのタイプを利用するか選びましょう。

チラー選定の条件について

チラーを選定する場合、まずは循環液の温度を決定します。循環液が装置を冷却することになりますので、装置をどのくらいの温度で保ちたいのかを決め、そこから循環液の最適な温度も決めます。次に先程紹介した、水冷式か空冷式かの決定を行います。

水冷式は水を利用するため配管が必要になり、空冷式は配管は不要なものの排気や排熱が行われます。また、冷却効率では水冷式の方が優れていますので、これらを総合的に判断しながらどちらのタイプが適しているかを検討しましょう。

たとえば設置予定のスペースが狭く、配管を通せない場合、冷却効率に劣るとしても空冷式の方が最適と言えます。逆に十分なスペースがあり、かつ効率よく冷却する必要があるなら、水冷式の方が最適でしょう。

次にチラーの冷却能力を決め、必要な温度に保てるようにします。

最後に循環液を循環させるのに使用される、ポンプの能力を決めましょう。ポンプの能力がチラーの性能にも影響を与えますので、求められる能力を満たしていなければなりません。

これらが決定すれば、自然と最適なチラーを選定できるようになります。

まとめ

チラーは特定の装置を冷却するのに使われます。水冷式と空冷式という2つのタイプがあり、どちらを利用するかが選定の大きなポイントとなります。排水管の設置が可能であれば水冷式、難しい場合は空冷式といった選択も可能ですし、冷却効率から水冷式を選ぶといった選択もあります。チラーを選定するための条件をしっかりと把握し、最適なチラーを選べるようにしましょう。

このページのトップに戻る
© 2016 株式会社AMU冷熱 All Rights Reserved.