空冷チラーと水冷チラーの違い

埼玉県草加市青柳7-24-1 会社概要 アクセスマップ
048-950-8446 お問い合わせフォーム

ブログBlog

空冷チラーと水冷チラーの違い


チラーには、水冷式と空冷式の2つのタイプがありますが、性能や機能にどういった違いがあるのでしょうか?
同じチラーでもタイプによって特徴などが変わってきます。ここでは水冷式チラーと、空冷式チラーの違いについて紹介します。どのような違いがあるのかを把握し、チラーを導入する際にどちらを導入するのが最適なのかを判断しましょう。

水冷式チラーと空冷式チラーの違いとは?

同じ「チラー」と呼ばれる機械であっても、水冷式か空冷式かで仕組みが違います。

まず水冷式ですが、こちらは水の力を利用して対象の装置を冷却するようにできています。チラーは対象となる装置を冷却し、温度を一定に保つことが目的です。そのためチラー内部には、循環液などと呼ばれる液体が流れています。この液体が対象の装置から熱を奪い、温度を下げるというのがチラーの基本的な原理となります。

循環液は文字通りチラー内部を循環していて、常に冷却が行えるようになっているのですが、一度排熱に使われた循環液は温度が上がってしまい、再度冷却することができません。そこで循環液を冷却するための機能が必要になります。

水冷式の場合、循環液の水を使って冷却する仕組みになっています。循環液が装置を冷却し、その循環液を水が冷却することで循環液の温度上昇を防ぎ、継続的に冷却が行えるようにしているのです。このように水で循環液を冷却する仕組みから「水冷式」と呼ばれています。

一方、空冷式はというと、こちらは空気によって循環液を冷却します。ファンを利用して外部から空気を取り込み、循環液を冷却することで対象の装置を冷却できるわけです。エアコンに使われる室外機のようなものをイメージすると理解しやすいかもしれません。

水冷式も空冷式もチラーとしての構造はほぼ同じで、水(液体)か空気のどちらで冷却を行うかが大きな違いになります。冷却を行うという点では共通しているので、水冷式と空冷式のどちらを利用するかで検討することになります。どちらも冷却が可能ですが、それぞれに特徴や違いがあるので、しっかりと把握した上で最適なチラーを選びましょう。

水冷式チラーと空冷式チラーの比較

冷式チラーと空冷式チラーの大きな違いは、水(液体)と空気どちらで冷却を行うのかという点がありましたが、その他の違いも比較していきます。

たとえば冷却効率ですが、実はタイプによって効率も変わります。基本的には水冷式チラーの方が冷却効率が良く、空冷式チラーは水冷式に劣ると言われています。

水冷式は水を使って排熱を行いますから、空冷式よりも短時間で冷却が可能になっています。もちろん各チラーによっても冷却効率が変わりますが、一般的には水冷式の方が冷却効率は優れていると考えて問題はないでしょう。肝心の冷却効率が優れているなら、空冷式をわざわざ選ぶ必要がないようにも思えますが、空冷式にもメリットはあります。その1つが設置スペースが少なく済むという点です。

水冷式の場合、水を通すための配管などが必要になり、どうしても設置スペースが大きくなってしまいます。空冷式なら水を使わないので配管が不要で、狭いスペースでも設置しやすいというメリットがあります。水冷式より省スペースというのが空冷式のメリットです。

ただし、空冷式の場合は空気で冷却を行いますので、排熱によって温められた空気が出ていきます。室内に空気が排出される構造になっている場合、室温が上昇してしまうというデメリットも。室内温度が高くなるとチラーをはじめとした機械のパフォーマンスが落ちる可能性も出てきます。

水冷式は室内に排熱されることがないため、室内の温度上昇もありません。設置スペースは大きくなってしまうものの、空冷式のような排熱がなく、環境に与える影響が少ないと言えるでしょう。

このように、水冷式チラーと空冷式チラーは仕組みが違うだけでなく、さまざまな点で違いがあります。両者を比較して、どちらが現在の環境や状況に適しているかを検討しましょう。冷却効率をはじめ、何が違ってどんなメリットやデメリットがあるのか、それぞれをしっかり比較することが、最適なチラー設置につながります。

まとめ

水冷式チラーと空冷式チラーはどちらも冷却が可能な機械ですが、水と空気のどちらを使うかなど、その仕組みが違います。仕組みが違うことで冷却効率も変わってきますし、設置スペースの広さや、配管が必要かどうかなど、相違点も見られます。

水冷式は冷却効率が高いですが、排水管が必要なため、排水管を設置するスペースが必要です。

空冷式は排水管の設置の必要がなく、省スペースで設置しやすいのメリットがあります。しかし冷却効率は水冷式よりも劣る傾向です。

このように、それぞれにメリットとデメリットがあるので、設置場所や目的に合わせて検討しましょう。

このページのトップに戻る
© 2016 株式会社AMU冷熱 All Rights Reserved.